Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年4月 > Operaの「Web Standards Curriculum」日本語訳に協力

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年4月21日

Operaの「Web Standards Curriculum」日本語訳に協力

フロントエンド・エンジニア 木達

Web Standards Curriculum」とは、Web標準の普及と啓発に積極的なブラウザベンダーのOpera Software社(以下「Opera社」)が公開しているカリキュラムです。HTMLやCSSを含め、Web標準に基づくデザインを初心者が学ぶには、大変有用な内容となっています。

同カリキュラムは英語で執筆された50以上の記事から構成されていますが、当Blogの記事「OperaのWeb標準カリキュラムに複数の翻訳版が登場」でご紹介したように、複数の言語に翻訳され始めています。

このたびミツエーリンクスは、Opera社の協力のもと、同カリキュラムの日本語訳に着手することになりました。翻訳した記事は、双方のWebサイト上で公開されます。すべての記事の公開までには、かなりの時間を要するかもしれませんが、逐次公開を実施する予定です。

今後、同カリキュラムがより多くの方々にご活用いただけるようになることと思います。ご期待ください。