Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年12月 > W3Cの検証ツールに支援の手を

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年12月22日

W3Cの検証ツールに支援の手を

フロントエンド・エンジニア 木達

2008年12月20日
Kimberly Blessing著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「Support the W3C Validators」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

W3Cは、無料で提供している検証ツールを支援するべく、寄付を受け付けるためのプログラムを立ち上げました。早速、参加してください

Web業界の人間が、Web標準を支援するのにお金を求められることなど、滅多にありません。であればこそ、World Wide Web Consortium(W3C)が求めて来たとあらば、真剣に話を聞くべきだと思います。

W3Cの立ち上げたW3C Validator Donation Programは、Web業界で働く人々や企業に対して、最も多く利用されているであろうツールの一つを支援する機会を与えるものです。

考えてもみてください。一週間のうちに何回、あなたはマークアップやスタイルシート、フィードをチェックするのに検証ツールを使っていることでしょう?リンク切れを見つけるため、時にはリンクチェッカーをあなたのサイトで走らせているのではありませんか?もしあなたが、私や私の知っているデザイナー、開発者と同様であるなら、おそらくこれらのサービスにいくらかは頼っているはずです。

Olivier Théreauxが最近投稿したBlog記事で説明しているように、集まったお金は通信費やサーバー維持のために使われるのではなく、新しい言語をサポートしたり、バグを修正したり、新機能を追加するといった改善を継続するためのものです。

さぁ、W3C Validator Donation Programに参加しましょう!

I heart Validator