Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2012年9月 > 2012年8月のW3C: CSS WG F2F開催

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2012年9月4日

2012年8月のW3C: CSS WG F2F開催

フロントエンド・エンジニア 矢倉

8月半ばにCSS WGのFace to faceミーティングが開かれたこともあってか、CSSの仕様が数多く更新されました。

Compositing and Blending

8月16日付けで、CSS WGとSVG WGからCompositing & Blending仕様が初公開されました。SVGのアルファ合成を拡張し、より多くの合成・ブレンドモードが指定可能となります。

合成や乗算などの処理を定義する仕様で、CSS WGとSVG WGの合同タスクフォースであるFX Task Forceにより策定が進められています。

CSS3 Fonts

8月23日付けで、CSS3のフォントモジュールが更新されました。

読み込むフォントは基本的に同一オリジンに配置し、CORSでその制限を緩和することが仕様で明文化されました。

CSS4 セレクタ

8月23日付けで、CSS4のセレクタ仕様が更新されました。

新しいセレクタとして、ドラッグ&ドロップ関連セレクタ:user-error擬似クラスなどが追加されています。

スタイルシートの適用対象を変更する仕組みについては、インジケータが$から!へと変更されました。また、セレクタの前につけるようにも変更されていますが、こちらはまだ検討中のようです。

CSS3 Values & Units 勧告候補

8月28日付けで、CSS3 Values & Unitsモジュールが勧告候補になりました。

cycle()toggle()に改称、calc()が整数値を返せるようになったなど、Last Call後からいくつかの変更があります。

勧告候補ということで、実装を呼びかけるというフェーズに入ったことになりますが、すでに実装は進んでいます。実装状況は単位ごとに異なりますが、たとえば、先週末にベータ版が公開されたFirefox 16では接頭辞なしのcalc()が実装されています。 viewportの幅/高さ応じて変化するvw, vhなどはChrome, Safari 6などで実装されています。calc()vw, vhについては、IE9で先行実装が行われてもいます。