Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2011年3月 > 2011年3月のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2011年3月31日

2011年3月のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

Web Notifications

3月1日付でWeb Notification WGより、Web Notificationsの草案が公開されました。

Web Notificationsはその名のとおり通知機能を提供するAPIになります。アイコン、タイトル、内容というシンプルなものにとどまっていますがマークアップを通知の内容として利用するWeb URL Notificationsという仕様もEditor's Draftではありますが存在しています。

WebAppsから4つの最終草案

WebApps WGから、4つの仕様が最終草案として公開されました。

CSS3 Flexbox

3月22日付でCSS WGより、Flexible Box Layoutモジュールの草案が公開されています。

Flexboxはボックスの自在な伸縮や並べかえを実現する機能が定義されています。今回の草案ではプロパティや値の名前が変わるなど、大きな変更が加えられています。

CSS3 Fonts Module

3月24日付でCSS WGより、CSS Fontsモジュールの草案が公開されました。

新しい草案では、合字やスワッシュなど、OpenTypeフォントの持つ機能を制御するプロパティがいくつか追加されています。Firefox 4で一部の実装が行われています。

Audio WG設立

3月25日付で、Audio Working Groupが設立されました。

Audio WGは音声に関するクライアントサイドのAPI仕様を策定するグループです。

策定されるAPI仕様には、音声データの読み書き、音声ストリームの編集・合成が含まれる予定です。音声関連のAPIはFirefox 4のAudio Data APIやWebKitのWeb Audio APIが存在していますが、憲章ではこれらのどちらかに決定する意図はなく、ローレベル、ハイレベルとレイヤーをわけたAPI仕様が推奨されるとしています。