Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年1月 > 広がる?HTML 5採用の動き

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年1月6日

広がる?HTML 5採用の動き

フロントエンド・エンジニア 木達

技術評論社のサイト、gihyo.jpにて、2009年のWeb標準と題したコラムを寄稿させていただきました。Web標準と絡めて、個人的に今年注目あるいは期待したい動きに言及しています。当Blogをお読みの方にとって、それほど目新しい内容は無いかもしれませんが、お読みいただければ幸いです。

同コラムの最後で、ブラウザの進化と共に、マークアップやスタイルシートの書き方もまた変化していくといったことを書きましたが、年明け早々に気になる動きがありました。HTML 5を文書型に採用したサイトが、相次いで公開されていたのです。いずれのサイトもコラム執筆後に知ったため、取り上げることができなかったのは残念です。

興味深いのは、これらのサイトに携わったEric Meyer氏とJeremy Keith氏が、それぞれのBlogにてHTML 5を採用した背景、利点を語っている点です。

これを機に他のサイトにもHTML 5採用の動きが広がるかというと、微妙だと思います。しかし、英語圏で比較的よく名前が知られ、昨年Web Directions Eastでも講演をされたお二人だけに、その影響力は小さなものではないようにも思われます。引き続き、HTML 5を巡る動向に注目したいと思います。