Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年4月 > CSS Variablesの提案

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年4月9日

CSS Variablesの提案

フロントエンド・エンジニア 矢倉

CSS WGのco-chairであるDaniel Glazmanと、AppleのDavid Hyattにより、CSS Variablesという提案書が公開されました。古くからあった「CSSで変数を使う」という要望が、かなえられるかもしれません。

現在の提案書では、変数を定義する@variableという新しい@規則と、それらにアクセスするいくつかのCSS Object Modelインターフェースが用意されています。構文は、実装からのフィードバックや、他の仕様との整合性をとる間に変更される可能性が充分にあるでしょう。

CSS Variablesは、8月からスタートする新しいCSS WGの期間中に草案化されるものと考えています。WebKitの開発者であるHyattが編集者として参加していることもあり、早期の実装が期待されます。