Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年3月 > IE8 Beta 1が公開

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年3月6日

IE8 Beta 1が公開

フロントエンド・エンジニア 矢倉

Internet Explorer 8のBeta 1が開発者向けに公開されました。昨年よりアナウンスされていたAcid 2への対応をはじめとする、各種Web標準への対応が強化されています。

CSS 2.1への準拠

IEBlogの記事によると、IE8のゴールは「CSS 2.1の完全サポート」となっているようです。display:table;や:before/:after擬似要素など、デザイナーから望まれていた機能をはじめ、CSSの処理モデルについても仕様にきちんと準拠するよう動いているそうです。

また、CSS 2.1への対応にむけ用意した、700ものテストスイートも公開されました。相互運用性の確保という観点からも、これは喜ばしいニュースです。

新しい標準のサポート

IE8では、これからのWeb標準についてもサポートを開始しています。HTML 5のDOMストレージ機能や、Selectors APIなどのサポートが行われているようです。クロスドメインメッセージングについては、策定中のXMLHttpRequest level 2などではなく、独自拡張となっているのがすこし残念ではあります。今後の対応に期待したいところです。

また、WAI-ARIAのサポートも行われているようです(参考「Internet Explorer 8 Readiness Toolkit」)。これまでIEのARIA対応は「絶望的」とまで言われていただけに少々驚いています。WebアプリケーションがWAI-ARIAを実装し、支援技術がIE8に対応すれば、RIAのアクセシビリティが格段に向上するでしょう。

その他の新機能

選択したテキストをBlogに貼り付けたり、マップに表示させたりできる「アクティビティ(Activities)」という機能が実装されています。アクティビティはOpenServiceというフォーマットによって記述されており、誰でも作成することができます。

また、Webページ上の頻繁に更新される部分を切り取り、その一部だけを表示させる「ウェブスライス(WebSlices)」という機能も新しく搭載されています。Safari 3のWeb Clipと、FirefoxのLive Summaryを足して割ったような機能のようです。こちらもアクティビティと同じように、hAtomというマイクロフォーマットをベースとしたフォーマットによって簡単に対応できるようです。


以上、駆け足ですが簡単に紹介させていただきました。

なお、IE8 Beta 1は開発者向けのベータ版という位置づけです。現段階ではJavaScriptのエラー、表示や挙動に問題があるページなどもあるため、通常使用を目的としたインストールは推奨されていないことにご注意ください。