Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2011年7月 > WebSocketプロトコルがLast Callに

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2011年7月14日

WebSocketプロトコルがLast Callに

フロントエンド・エンジニア 矢倉

WebSocketのプロトコル仕様がIETFのLast Callになりました。

対象となっている文書は、先日公開されたdraft-ietf-hybi-thewebsocketprotocol-10になります。

WebSocketプロトコルは古いバージョンの実装が進められていましたが、セキュリティに問題があることがわかり、古いプロトコルを実装したブラウザのうちFirefoxやOperaは、WebSocketを無効にした状態でリリースしています。

プロトコルがLast Callになったことで、ブラウザの実装も更新されていくでしょう。古いプロトコルと現在のものには互換性がないことから、古いプロトコルの実装に依存したアプリケーションは新しいものへの対応が必要となります。

プロトコルのLast Callを受け、W3Cで策定されているAPI仕様のほうも、現在ある課題を解決し、Last Callとして公開しようという動きになっています