Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2011年2月 > Touch Events仕様のEditor's Draftが公開

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2011年2月4日

Touch Events仕様のEditor's Draftが公開

フロントエンド・エンジニア 矢倉

W3CのWeb Events WGが策定する、Touch Events仕様のEditor's Draftが公開されています。

EditorのひとりでもあるW3CのDoug Schepersが、自身のBlogでこの仕様に関するエントリを書いています。

Touch Eventsを定義する目的は、タッチインターフェースを備える端末でのWebアプリ開発を容易にするためにあることにあります。WebKitが実装するタッチ関連イベントの挙動を参考にしているようで、イベントのインターフェースやイベント名などは同じものを利用しています。これに、要望のあったtouchenterイベントやradiusXプロパティなどが追加されています。forceという圧力を感知するプロパティも検討されているようです。

さて、仕様の名称から分かるかもしれませんが、GestureEventなどジェスチャー関連イベントはこの仕様に含まれていません。これはジェスチャーがプラットフォームやデバイスに依存すること、また特許が関係するために標準化が難しいと考えられているようです。

しかしながら、ジェスチャー関連イベントではなく、「ズームが起こった」「パンした」といった、上位レベルのイベントを策定することが考えられているようです(これも、ズームイン、ズームアウトなど詳細なものではないようで、すこしややこしいですね)。

Touch Events仕様は9月に最終草案を予定しているようです。早めの標準化に期待したいですね。