Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2010年9月 > 2010年8月のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2010年9月1日

2010年8月のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

XMLHttpRequest勧告候補

8/3付けで、XMLHttpRequest仕様が勧告候補として公開されました。

オブジェクトの実装状況は申し分ないでしょうから、テストスイートの作成と検証が終われば、とくに問題なく勧告に向かうのではないでしょうか。

Web Performance WG

8/19に、Web Performance WGの設立がアナウンスされました。

設立が検討されている旨は先々月の記事で紹介しましたが、このたび晴れてWGとして活動がスタートしました。

Charterによると、策定する仕様は次の3つです。

Navigation TimingとResource TimingはもともとWeb Timingというひとつの仕様で定義されていましたが、仕様と実装ともにNavigationTimingインターフェースの進みが早かったことから仕様の分割に至ったようです。

実装も始まっており、MicrosoftがIE9でChromeは6から機能が利用できるようです。Firefoxについては、該当のバグを読む限り、Firefox 4のfeature freezeに間に合うかどうかという状態のようです。