Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年4月 > iPhone/Android版GmailがHTML5を利用

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年4月8日

iPhone/Android版GmailがHTML5を利用

フロントエンド・エンジニア 矢倉

Official Gmail Blogの“A new mobile Gmail experience for iPhone and Android”というポストにて、新しいiPhone/Android版のGmailが発表されています。インターフェースの刷新もさることながら、HTML5の機能を利用したと書かれていることが興味を引きました。

利用している機能は、canvasクライアントサイドストレージで、canvasはスピナー(ロード中にくるくる回るもの)に、ストレージはオフライン用のデータ格納に用いられているようです。canvasはMozillaのBespinでもインターフェースの描画に使われており、アプリケーションのUIに利用する例が今後も増えてきそうです。

インターフェース面でも、border-imageやCSS Transitionsなど新しい機能を使用しているようです。また画像はdata: URIを利用するなど、HTTPリクエストを最小限に抑えていることも確認できました。

HTML5の採用については、Google Code Blogの“HTML5 and WebKit pave the way for mobile web applications”というポストでも触れられています。これまでのJava MEによるアプリケーションに加え、サーバーサイドから提供するWebアプリケーションを考えたとき、初期のAndroidが搭載していたWebKitの表現能力に注目し、HTML5の採用に至ったと書かれています。

HTML5やCSS3は実装状況がまだブラウザーによって異なるため、通常のWeb版で利用するにはまだクロスブラウザー対応の手間もあり、現実的ではないでしょう。しかし、今回のモバイル版Gmailのように、同じレンダリングエンジンを採用するデバイスのみの展開であれば、そのような制限はなくなり、かなり自由にアプリケーションを構築することができるでしょう。

HTML5やCSS3は、モバイル方面から広がってゆくのかもしれませんね。