Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年3月 > ブラウザーベンダーとCSS3

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年3月19日

ブラウザーベンダーとCSS3

フロントエンド・エンジニア 矢倉

今週前半にテキサスのオースティンで開催されたSXSW Interactiveにて、CSS3に関するパネルセッションが開かれていたようです。

パネルにはMozilla, Microsoft, Operaが参加し、各ブラウザとCSS3の対応状況について語っています。プレゼンターをつとめたOpera SoftwareのMolly E. Holzschlag氏がスライドを公開しているので、すこし見てみましょう。

注:スライド中のサンプルは、実際にCSS3のプロパティを利用しています。このため、それらのプロパティが実装されていないバージョンでは、その効果を見ることができません。

Mozilla

開発者のDavid Baron氏による、CSS3のプロパティを主に解説したスライド(注:XHTMLのためInternet Explorerでは開けません)では、border-imagetext-shadow, box-shadowなどがコードサンプルと共に解説されています。ほかにも、SVGのフィルタやtransformプロパティなど、最近活発なものについても触れられています。

Microsoft

プログラムマネージャーのSylvain Galinau氏は、CSSとIE8に関する発表(PDF)を行っています。IE8は一部の先行実装を除き、CSS3には対応しません。このためCSS 2.1への準拠についてを短く紹介したものとなっています。ただ、CSS3への対応は検討しているようで、CSS3 ColorやBackgrounds & Borders, Selectorsなど、要望の多いモジュールを高い優先度においていることが示唆されます。

Opera

Håkon Wium Lie氏によるCSS3 in Operaも、Baron氏のスライドと同じようにCSS3プロパティの紹介となっています。Opera Show向けに作られているため、一部のサンプルがデスクトップでは表示できないのが残念ですが、面白いつくりになっています。OperaのロゴをCSSで表現するサンプルなどは思わずにやっとしてしまいます。

WebKitの方が参加されていなかったようですが、Color, Backgrounds & Borders, Media Queryの実装も進んでいますし、CSS TransitionsやAnimationsなどの提案も行っています。CSS3に対し消極的でないことは明らかでしょう。