Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年2月 > Safari 4パブリックベータがリリース

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年2月25日

Safari 4パブリックベータがリリース

フロントエンド・エンジニア 矢倉

昨晩のことですが、Safari 4のパブリックベータがリリースされました。UIの大幅な刷新が図られたほか、昨年発表された高速なJavaScriptエンジンも搭載されています。

次世代を感じさせるUI

なんといっても、UIの変更に驚かれた方が多いのではないでしょうか。上部に移動したタブ、Top Sites、スマートロケーションバーなど、Google Chromeを強く意識したものとなっています。

また、Windows版はこれまでのAppleらしい、メタル調の概観からWindowsのネイティブウィジェットに近いものに変更されています(フォントスムージングもClearTypeが既定の設定になっています)。

SafariのUIは、他のモダンブラウザーと比べ「ベーシック」な印象が強かっただけに、この刷新はとても大きく感じました。

WebKitの進化

レンダリングエンジンですが、WebKitが新しいバージョンになり、WAI-ARIAのサポートや、Acid 3への対応など、各種Web標準への準拠度が高まっています。また、HTML5のオフラインデータベースや、CSS Animation/Transition/Transformsといった新しい仕様の実装も進んでおり、今後の広がりを期待させます。

パフォーマンスに関しても大きく向上しているように感じます。昨年に「Squirrelfish」というコードネームで呼ばれていたJavaScriptエンジンが組み込まれ、「Nitro」という名称で発表されています。

最新技術の積極的な利用も

Safari 4そのものには関係ないのですが、Safariの製品ページはHTML5で記述されています。文法が正しくないため参考にはならないのですが、HTML5の利用もこうやって徐々に広がっていくのかもしれません。

また、Safari 4のウェルカムページ(注:Safari 4のベータ版以外では動作しません)は、audio要素やvideo要素、そしてCSS Animationといった最新のWeb技術を利用して作られており、こんなことまでできるのかと驚かされます。