Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年6月 > 6月前半のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年6月18日

6月前半のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

HTML 5の草案が公開

すでに「HTML 5の最新草案が公開」でお伝えしましたが、HTML5の新しい草案が6月10日に公開されました。

XHTML Modularization 1.1とXHTML Basic 1.1が勧告案に

XHTML Modularization 1.1とXHTML Basic 1.1が、ともに勧告案(Proposed Recommendation)として公開されました。ディレクタの承認がおりれば、勧告として公開されます。

XHTML Modularization 1.1は、XHTML 1.0の要素を機能ごとにモジュールとして定義し、体系化した仕様です。2001年に公開されたバージョン1.0のエラーを反映し、XML Schemaによるモジュール定義の追加、XFormsで定義されていたinputmode属性の追加が行われています。

XHTML Basic 1.1は、XHTML Modularizationで定義されるモジュールから構成される、多様な環境を想定したXHTMLです。携帯電話などのWebページ作成言語として利用されています。

Modularizationがほぼ完成したので、XHTML 1.1 (Second Edition)やXHTML 2.0が、ようやく進みそうです。

Web Applicationsワーキンググループの設立

これまで別々のグループとして活動していた、Web API WGとWeb Application Formats WGが統合され、Web Applications WGとしてスタートしました。XMLHttpRequest level 2やAccess-Controlなど、Webアプリケーションにとって便利な仕様が、今後はこのWebApps WGから公開されることになります。