Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年9月 > IE7におけるCSSサポートの改善

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年9月3日

IE7におけるCSSサポートの改善

フロントエンド・エンジニア 木達

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「IE7 CSS Improvements」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

2005年9月3日
Drew McLellan著

IEblogにおいてJustin Rogersは、IE7におけるCSS2.1仕様の解釈、とりわけ標準準拠モードで動作する際の解釈が大幅に改善される件を詳しく述べています。

改善事項にリストには(:first-letterのような)疑似要素、マルチクラスのセレクタ、そしてルート要素の選択などが挙げられています。

いずれも極めてマニアックなCSSネタですが、しかし重要なCSSネタであり、これらのバグが対処されているというのは実に素晴らしいものです。あなたのお母さんのための要約:「IEでのCSSサポートは、絶えず改善されています」。