Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年3月 > XHTMLのバージョンとメディアタイプ

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年3月25日

XHTMLのバージョンとメディアタイプ

フロントエンド・エンジニア 木達

マークアップ言語として利用されるWeb標準には、HTMLとXHTMLの2種類があります。XHTMLのほうがより新しい仕様であり、最近流行中のBlogツールでよく採用されていることもあって、広く普及しつつある感があります。しかし、文書型にXHTMLを採用するうえでは若干の注意が必要です。

XHTMLは1.0と1.1というバージョンが勧告済みですが、1.1ではメディアタイプに従来HTMLで使用してきたtext/htmlを使用すべきではありません。application/xhtml+xml、application/xml、text/xmlのいずれかを使用することが推奨されています。詳細は、W3C NoteのXHTML Media Typesをご覧ください。

ところで、ブラウザシェアのトップを誇るWindows版Internet Explorer(以下WinIE)は、上記のtext/html以外の3つのメディアタイプに対応していません。