Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2012年7月 > 2012年6月のW3C: メディアクエリー勧告、Flexboxはラストコールに

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2012年7月2日

2012年6月のW3C: メディアクエリー勧告、Flexboxはラストコールに

フロントエンド・エンジニア 矢倉

メディアクエリーが勧告へ

6月19日付けで、メディアクエリー仕様が勧告されました。

日本語訳も更新しました。

RDFa 1.1が勧告へ

6月7日付けで、RDFa 1.1仕様が勧告されました。

RDFa 1.1ではXHTMLとの結びつきを解消し、HTML5やSVGなど他の言語でもRDFによるメタ情報を埋め込めるようになりました。接頭辞の宣言方法などが変更されています。

RDFa 1.1 LiteはRDFa 1.1のサブセットです。Dublin Coreやschema.orgなどよく使われる語彙についてデフォルトの接頭辞(Dublin Coreはdc, schema.orgはschema)を定義しているなど、複雑さを少し解消する取り組みが行われています。

CSS Flexboxモジュールがラストコールに

6月12日付けで、CSS Flexible Box Layoutモジュール (Flexbox) がラストコールとなりました。

最終草案ではプロパティ名や値の変更が数多く行われています。WebKitの開発版では新しい名前への改名がすでに終わっており、もうじきBeta channelに移行するChrome 21から反映されます。

Flexboxと同日に、CSS Box Alignmentモジュールという仕様も草案が初公開されました。

ボックス内のボックスもしくは内容について、そのalignmentを調整するためのプロパティが各種定義されています。Flexboxで定義されていたプロパティが移管されたうえで、Flexboxに必要なプロパティはFlexbox仕様で拡張するという構成となりました。