Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2011年4月 > CSS 2.1が勧告案に

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2011年4月21日

CSS 2.1が勧告案に

フロントエンド・エンジニア 矢倉

CSS WGより、CSS 2.1の勧告案が公開されました。

勧告案 (Proposed Recommendation) とは、勧告になる一つ手前の段階です。勧告案に進むためには、公開された仕様の各機能に対し最低ふたつの実装を持つという要件が課せられています。先月行われたCSS WGのFace to Faceミーティングでは、最終的な仕様の調整が行われ、要件を満たしCSS 2.1を勧告案に進める決定がされていました。

さて、勧告案が勧告に進むには、W3CのAdvisory Committeeという委員会からの賛同を必要とします。これにはそこまで時間がかかるわけではありません。早ければひと月程で勧告が公開されるものと思われます。

また、勧告されるのはCSS 2.1だけではありません。勧告案より前の段階にあったCSS 2.1を参照していた関係で勧告案にとどまっていたセレクタ仕様 (日本語訳)とCSS3のカラーモジュール (日本語訳)もあわせて勧告されるでしょう。