Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2010年12月 > 2010年11月のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2010年12月9日

2010年11月のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

WOFFの最終草案

WebFonts WGより11月16日付けで、WOFF仕様の最終草案が公開されました。

最初の草案である前の版と機能に違いはないそうですが、明確化や記述の誤りが修正されているようです。また、仕様の名前にからくる誤解を解消すべく、WOFFはコンテナフォーマットである旨も書き加えられています。

HTML5 Web Messaging

WebApps WGより11月18日付けで、HTML5 Web Messagingの草案が公開されました。

HTML5 Web Messagingは、Server-Sent EventsやWebSocket, Cross Document Messagingで利用されるMessageEventインターフェースや、メッセージを送るメソッドpostMessageを定義する仕様です。

Web MessagingはWebApps WGでの公開が決定されていましたが、草案がなかなか出ていませんでした。最初の草案になりますが、定義される機能の少なさや、実装がいくつも存在することから、安定度は高いものと思われます。

XHTML 1.1 Second Edition

11月23日付で、XHTML 1.1 Seconde Editionが勧告されました。XHTML Basic 1.1 Second Edition, XHTML-Print Second Editionも同時に勧告されています。

XHTML2 WGは活動終了の発表以降、XHTML 1.1やXHTML Modularizationなどいくつかの仕様の策定を行っていましたが、修正勧告案の撤回などもあり作業が遅れていました。

グループはXHTML 2.0やその他の仕様のW3Cノートを公開後、活動を終えることになります。