Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年10月 > 2009年9月のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年10月2日

2009年9月のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

CSS 2.1 勧告候補の更新

「CSS 2.1の勧告候補が更新」で取り上げていますが、9月8日にCSS 2.1の勧告候補が更新されました。

先の記事で触れたテストに関するスケジュールですが、先週開かれたミーティングにてスケジュールの見直しが行われたようです。

テストの収集期限は2010年1月15日。そこから3月15日まで計2回のテストを行い、実装の検証を行います。

予定されている2010年中の勧告は行えるでしょうか。

DOM 3 Eventsの最新草案

同じく9月8日にDOM 3 Eventsの新しい草案が公開されました。

以前の草案から構成が変更されているほか、いくつかのイベントについて記述を明確にするなど、実装を踏まえた更新が行われています。

Web Storage, Web Database

以前HTML5仕様から機能が分離したことについて書きました。その一つであるWeb Storageより、データベース関連APIを定義した部分が新たに分離され、Web Databaseという個別の仕様となりました。

新しいWeb StorageとWeb Databaseは9月10日付で、WebApps WGより公開されています。

メディアクエリーの勧告候補が公開

メディアクエリーの勧告候補が9月15日付けで更新されました。文法の修正を含む小さなアップデートとなっています。

WebSimpleDB API

9月29日付で、WebSimpleDB APIの草案が公開されました。先ほどのWeb Databaseとあわせて、二つのデータベース関連APIが登場することになります。

似通ったAPIが複数登場した背景には、Web Databaseが利用するSQLについて詳細が詰められていない、またそのニーズについても疑問が寄せられたことがあるようです。結果として、Web Databaseが分離し、SQLを利用しないWebSimpleDBが提案されました。