Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年6月 > W3CがWeb教育に関するグループを設立

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年6月19日

W3CがWeb教育に関するグループを設立

フロントエンド・エンジニア 矢倉

W3Cより、Open Web Education Alliance Incubator Group (OWEA XG) の設立がアナウンスされました。

なかなかに長い名称ですが、ざっくり訳すならば「オープンなWeb教育のために協力しあうグループ」といったところでしょうか。活動内容ですが、OWEA XGのcharterにて次のように書かれています。

The mission of the Open Web Education Alliance Incubator Group, part of the Incubator Activity, is to help enhance and standardize the architecture of the World Wide Web by facilitating the highest quality standards and best practice based education for future generations of Web professionals

OWEA XGのミッションは、次世代のWebプロフェッショナルのために、高水準な教育を提供し、Webの価値をさらに高めるというものだそうです。そのための取り組みとして、ナレッジや資料を共有するための場を設けることを考えているようです。

グループが出す成果物についてですが、カリキュラムなどの作成は行わないとしています。カリキュラムについてはOpera Web Standards Curriculumなど、有用なリソースが既に存在しています。これらを「どのように利用するか」という観点から考えたいのでしょう。

グループのリードは、microformatsの書籍や、イベント「Web Directions」の主催でおなじみのJohn Allsoppです。何度かお話をしたことがあるのですが、Web技術やそれらの可能性についていつも熱心なひとという印象があります。活動は1年と短く、すべてが計画通りに進むかは分かりませんが、とても楽しみなアクティビティです。