Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年5月 > 2009年4月のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年5月8日

2009年4月のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

CSS Template Layout Module

4月2日にCSS Template Layout Moduleの草案が公開されました。もともとAdvanced Layoutと呼ばれていたこのCSS3モジュールでは、次のように要素をレイアウトすることができます。

#wrap {
  display: "H H H"
           "M M S"
           "F F F" /* 改行は見易さのため */
}
#header  { position: H }
#main    { position: M }
#sidebar { position: S }
#footer  { position: F }

これで「ヘッダー」「メイン」「サイドバー」「フッター」という、Blogなどでよくあるレイアウトになるようです。構文が特殊ですが、かなり細かくレイアウトを制御できるようです。

CSS 2.1とメディアクエリー

4月23日にはCSS 2.1およびメディアクエリーの勧告候補が公開されました。詳細については「CSS 2.1とメディアクエリーの勧告候補が公開」をご覧ください。

HTML5と、スピンアウトしたWebAPI仕様

CSS 2.1と同日に、HTML5の草案も更新されました。2ヶ月ちょっとで更新された理由は「Last Callに向け進むHTML5」で説明していますが、いくつかの機能が個別の仕様として分離されたためです。

これらの仕様はWebApps WGに移管され、策定される動きになっています。