Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2009年2月 > 2009年1月のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2009年2月6日

2009年1月のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

CURIE Syntax 1.0が勧告候補に

RDFaXHTML Role属性などで使われる短縮URI構文、CURIEの勧告候補が1月16日に公開されました。

最終草案より、いくつかのセクションが修正され、新しいデータ型が追加されています。

XHTML Media Types 第二版

すでに「XHTML Media Typesの第二版が公開」でもお伝えしましたが、XHTML Media Types 第二版が公開されました。

XML Base (Second Edition)の勧告

XMLで基底URIをひもづけるxml:base属性を定義したXML Baseが改訂され、XML Base (Second Edition)として1月28日に勧告されました。

エラッタの修正や、属性がとる値に関する変更が行われています。