Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年11月 > 11月前半のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年11月14日

11月前半のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

WCAG 2.0が勧告提案に

Webアクセシビリティのためのガイドライン、WCAG (Web Contents Accessibility Guidelines) の最新版であるWCAG 2.0の勧告提案が公開されました。ガイドライン本体に加え、解説書である“Understanding WCAG 2.0”と、“Techniques for WCAG 2.0”の草案も更新されています。

勧告提案ということで、早ければ来月の上旬に勧告となる予定です。なお、来年にはWCAG 2.0ベースのWebコンテンツJIS改訂版の発行が計画されています。

Selectors APIの最終草案が公開

WebApps WGより、Selectors APIの最終草案が公開されました。

Selectors APIでは、CSSセレクターから要素ノードを取得する querySelectorquerySelectorAll という二つのメソッドが定義されています。これまではgetElementsByTagNameなど、いくつかのメソッドやプロパティを利用して要素ノードを取得していましたが、Selectors APIにより、非常に簡潔に記述することが可能です。

// セクション内にある写真を取得
var images = document.querySelectorAll("div.section p img.photo");

ブラウザーの対応状況ですが、正式版で対応しているのは現在Safariのみです(3.1より実装)。ベータ版では、Firefox 3.1とGoogle Chrome、そしてInternet Explorer 8が対応しています。Operaは開発ビルド版で既にサポートされているようで、次期バージョンでは正式搭載になると思われます。