Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年10月 > 10月前半のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年10月16日

10月前半のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

XMLHttpRequest Level 2

WebApps WGよりXMLHttpRequest Level 2の最新草案が公開されました。

XHR2XMLHttpRequestを拡張し、クロスサイト通信などを可能にしたものです。先日公開されたAccess-Controlとあわせての利用が想定されています。

XHTML Modularization 1.1が勧告に

XHTML Modularization 1.1が勧告されました。

M12nはXHTML 1.0や1.1のようなプロファイルではなくフレームワークです。たとえば、XHTML 1.1はM12nのモジュールを組み合わせたプロファイルとして定義されています。ほかにも、role属性や、access要素、WAI-ARIAの属性は、XHTMLモジュールとして組み合わせられるように設計されています。

1.1では、1.0で見つかったエラーの修正や、XML Schemaへの対応が行われています。

M12nが固まったことを受け、XHTML 1.1もSecond Editionとして、早期の勧告が見込まれています。こちらもエラーの修正と、XML Schemaへの対応というアップデートになる予定です。

RDFaが勧告に

RDFaの構文仕様が勧告されました。

RDFaは、XHTMLでより詳細なメタ情報を表現するための仕様です。「メタ情報をXHTMLに埋め込むRDFa」や、「Web標準仕様 日本語訳一覧」で、書き方や実際の利用例を公開しています。