Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年10月 > 9月後半のW3C

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年10月2日

9月後半のW3C

フロントエンド・エンジニア 矢倉

9月前半については、「9月前半のW3C」をご覧ください。

SVG Tiny 1.2が最終草案に

モバイル機器向けとして開発されたSVG規格「SVG Tiny」、その最新版である、SVG Tiny 1.2の最終草案が9月15日に公開されました。

SVG Tiny 1.2は2006年8月に勧告候補となっていましたが、実装側のフィードバックを反映し、最終草案に一度差し戻されました。しかし、実装上の問題点は解決できたとして、二つ以上の実装が用意され次第、勧告提案へ進むとSVG WGが発表しています。

Geolocation Working Groupの発足

携帯電話などのモバイル機器と位置情報を連携させるサービスが増えていますが、Webアプリケーションにおいて、位置情報の取得などを行うインターフェースは標準化が行われておらず、また発展途上の段階にあります。このような流れをふまえ、W3Cは位置情報インターフェースの仕様を策定するGeolocation Working Groupを設立しました。

すでにGeolocation APIの内部ドラフトも存在しており、MozillaはFirefox 3.1でのサポート開始を表明しています。