Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年4月 > Acid3、23日間でパス!

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年4月8日

Acid3、23日間でパス!

フロントエンド・エンジニア 木達

2008年4月7日
Kimberly Blessing著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「Acid3 Passed in 23 Days!」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

Web Standards ProjectがAcid3ブラウザテストを公開したのは3月3日のことです。そして3月26日、2つのブラウザベンダーから、それぞれのビルドがテストをパスした旨の報告がありました。

WaSPがAcid3ブラウザテストをアナウンスしたのは、1ヶ月と少し前のことです。そのとき既に、ブラウザベンダーのいくつかは非常に積極的にテストをパスしようとしていたことを私たちは知っていました。知らなかったのは、パスするまでに一体どれだけの時間がかかるのか、ということです。

テストを設計したIan Hicksonは「Acid2をリリースしたとき、それが初めてパスされるまで約2週間かかりました。Acid3は、より複雑になった一連の指示から構成されています。私は8月より前にブラウザがAcid3をパスするのは期待できないと思いましたし、ましてや1ヶ月以内にパスするなんて思いませんでした。」と彼のBlogのなかで記しています。

とにかく今や私たちは知りました、1つのみならず2つのブラウザがそのテストをパスするまで一ヶ月もかからなかったということを。3月26日、WebKitチームは彼らの公開ビルドがミニテストで100点満点を獲得したことを知らせました。Operaは内部ビルドが同日テストをパスしたことをアナウンス、またそのビルドを28日にはリリースしています。どちらのブラウザも、おめでとうございます!

先月、私たちはこのテストに関し、多くのフィードバックや質問をいただきました。いくつかのバグが発見・解決されたことに関し、当サイトの読者ならびにブラウザ開発者の皆さんには感謝しています。その結果として加えられた変更については、Ianの投稿記事である主な変更点でリストアップされていますので、そちらをお読みください。