Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年3月 > 今週のW3C (2008-03-28)

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年3月28日

今週のW3C (2008-03-28)

フロントエンド・エンジニア 矢倉

XQuery Update Facility 1.0 (Candidate Recommendation)

XQuery Update Facility 1.0が勧告候補となりました。Update Facilityにより、ノードの追加・削除など、クエリ結果の操作を行えるようになります。

Protocol for Web Description Resources (POWDER): Description Resources

複数のURIに対しメタ情報を付加する、POWDERという仕様が策定されています。POWDERは複数のURIを一つのグループとしてリソース化する仕様と、グループ化したリソースにメタ情報を付加する二つの仕様書から構成されており、今回公開された草案は後者のPOWDER: Description Resourcesというものです。

RDFa Primer

XHTML文書にRDFによるメタ情報を埋め込む、RDFaという仕様が策定されています。その入門文書であるRDFa Primerの草案が公開されました。

メタ情報のようなソフトウェアに処理されやすい情報の価値は、今後高まるだろうと考えています。
米Yahoo!が先日、RDFaやマイクロフォーマットによる情報を検索結果に反映させると発表したことからも、メタ情報への期待は大きいようです。本日リリースしたマイクロフォーマット 導入支援サービスも、メタ情報を簡単にするお手伝いができないかと考えたことから始まっています。

Speech Synthesis Markup Language (SSML) Version 1.1

音声合成など、音声入出力インターフェースに関する情報を記述する、SSML 1.1の草案が公開されました。

XML Base (Second Edition)

XML文書の基底URIを指定するXML Base (Second Edition)の編集勧告案が公開となりました。初版にあった問題点についての説明や、参考文献の更新が主な改定内容です。

Cool URIs for the Semantic Web

Cool URIs for the Semantic Webの最終草案が公開されました。
セマンティックWebでは人や物など、サーバー上には存在しない実世界のリソースにURIを付加し情報を表現します。このようなURIをHTTPで表現するときのtipsをまとめたものがCool URIs~です。

なお一つ前の草案は「セマンティック Web のためのクールな URI」として日本語訳を公開しています(最終草案への対応は、近日中に行う予定です。日本語訳一覧にてご確認ください)。