Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年3月 > Adobeタスクフォースのお知らせ

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年3月28日

Adobeタスクフォースのお知らせ

フロントエンド・エンジニア 木達

2008年3月10日
Stephanie Sullivan著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「Announcing the Adobe Task Force」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

本日、より広範となったスコープを踏まえ、DreamweaverタスクフォースをAdobeタスクフォースに改名することを発表しました。

Web Standards ProjectのDreamweaverタスクフォースは、2001年に結成されました。同タスクフォースに課せられた2つのタスクとは、Dreamweaverによって制作されるWebページの標準に対する準拠の度合いやアクセシビリティを改善するべくMacromedia(後のAdobe)と共同すること、そしてオンライン上でDreamweaverのコミュニティと円滑なコミュニケーションを図ることでした。

初期の目的を達成したことから、より広範となったスコープを踏まえ、WaSPはDreamweaverタスクフォースをAdobeタスクフォースに改名することを発表します。Adobeタスクフォースは、Webにコードまたはコンテンツを出力するすべてのAdobe製品に対し協力し、また同社の製品を使用してWebサイトやアプリケーションをデザインまたは構築する人々の、Web標準やアクセシビリティガイドラインへの準拠を支援し続けます。

詳しくはプレスリリース(英文)をお読みください。