Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2008年2月 > Netscapeの終了と今後の対応

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2008年2月28日

Netscapeの終了と今後の対応

フロントエンド・エンジニア 矢倉

3月1日に、これまで公開されてきたすべてのバージョンを含む、Netscapeブラウザとメーラーの開発・サポートが終了します。

現在Netscapeを使っている方には、後継製品であるMozilla FirefoxMozilla Thunderbirdへの移行が推奨されています。ブックマークやメールを引き継ぐ方法は利用しているバージョンごとに異なりますが、Mozilla Japanが公開している「Netscape ユーザのための Firefox/Thunderbird 移行ガイド」にて網羅されています。

操作性が変わっても問題ないという方は、Operaなど他のブラウザを試してみるのも良いかもしれません。

さて、日本には未だNetscape 7.1を「推奨ブラウザ」としているサイトが多く存在しています。これはバージョン7.1が、Netscape日本語版の最終バージョンであるからと推測されます。しかしながら、5年前にリリースされた古いブラウザには、数多くの脆弱性が存在しています。Mozilla Japanの移行ガイドにも、Netscape 7.1の持つ危険性について述べています。

アップデートされない製品を使い続けた場合、コンピュータを危険にさらすことになります。特に日本語版に関しては、2003 年 6 月 に公開された Netscape 7.1 以降、100 件以上のセキュリティ脆弱性が確認されているものの、修正版は提供されておらず、非常に危険な状態です

後継であるFirefoxは日本語版も公開されており、サポートも受けられます。Netscape 7.1を推奨ブラウザとして掲載し続けるのではなく、Firefoxへと切り替えるなどを行うことが好ましいと考えます。

デザインやWebアプリケーションにおいても、古いブラウザへの対応はその開発やサポートにコストがかかるものです。アクセスログなどで利用者の割合を調べ、段階的に推奨環境を更新していくことが良いでしょう。