Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2007年12月 > IE8がAcid2テストに合格

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2007年12月20日

IE8がAcid2テストに合格

フロントエンド・エンジニア 木達

2007年12月19日
Bruce Lawson著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「IE8 passes Acid2 test」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

なんとまぁ!でも、間違いありません。Internet Explorerの嘘っぱちな標準サポートに対し、Operaが欧州委員会に提訴したニュースのその直後、Chris WilsonはInternet Explorer 8の内部向けビルドがAcid2テスト合格したことを報告してきました。

これはIE8がfloartプロパティまわりの奇妙な挙動であるとか、面白おかしなhasLayoutなどのすべてを修正したことを意味するわけではありません。しかし、新たなブラウザ戦争にMicrosoftが参入することを決めたというのは、確かのようです。

2007年12月20日追記:Internet ExplorerチームのMarkus Mielkeによると、IE8でHasLayoutプロパティは過去のものになるようです。これは凄いことになってきました。