Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2007年12月 > 開発中のIE8がAcid2に合格

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2007年12月20日

開発中のIE8がAcid2に合格

フロントエンド・エンジニア 矢倉

IEBlogのエントリにて、開発中であるInterenet Explorer 8が、CSSへの準拠度を測るテスト「Acid2」に合格したと報告しています。エントリには、合格したことを示すスマイリーが紹介されています。また、IE Teamへのインタビューも公開されています。

エントリやインタビューにて、IE TeamはIE7の出荷後も、他の実装との相互運用性を向上させるべくWeb標準への取り組みを続けてきたと語っています。また、それらが既存のWebを壊すことのないよう、互換性の確保も慎重に行ったうえで、今回のAcid2合格が実現できたとのことです。

しかし、Acid2の合格がWeb標準準拠のすべてではありません。XHTMLのメディアタイプなど、対応の求められているWeb標準は他にいくつもあります。IEがより高い準拠度に向け開発を続けてゆくことを望んでいます。

なお、IE8については、来年3月に行われるMIX08カンファレンスにてその詳細が発表され、またベータ版のリリースも、上半期に予定されているとのことです。