Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2007年9月 > アクセシブルなRIAとHTML 5の関わり

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2007年9月28日

アクセシブルなRIAとHTML 5の関わり

フロントエンド・エンジニア 矢倉

近年、FlashやJavaScriptを用いたRich Internet Application (RIA)と呼ばれる、高機能なWebアプリケーションが増えてきています。今年に入りAdobe、Google、Microsoftの3社がそれぞれRIAの開発環境を発表したことからも、その注目度の高さがうかがえます。

一方、RIAにおけるアクセシビリティの問題については、あまり知られていないようです。例えば、AjaxによるWebアプリケーションの場合では、メニューやポップアップがdiv要素としてマークアップされ、支援技術がそれらをうまく認識できないという問題があります。

こうした課題を解決すべく、W3CはWAI-ARIAという動きを立ち上げ、必要となる仕様を策定しています。核となる技術は、ある要素がアプリケーションにおいてどのような「役割」または「状態」であるかを規定する、WAI-ARIA RolesWAI-ARIA States and Propertiesというふたつの仕様です。これらの役割・状態を適切にアプリケーションに埋め込むことにより、支援技術がそれらを認識し適切な支援を行えるようになります。

ARIA RolesとStatesはXHTML2ワーキンググループが策定するrole属性という新しいXHTMLモジュールにより、XHTML 1.1以降のXHTMLで使うことができます。一方HTML 5では、新たに用意された要素やAPIがARIAと重なる部分がある、名前空間を利用するARIAはHTML 5のHTML構文で扱えないなどの問題があり、対応や協調に向けた動きが起こっていませんでした。

しかし先週、ARIAの策定者からHTMLワーキンググループへの働きかけがあり、ARIA RolesやStatesをHTML構文で利用するための取り組みが始まりました。提案が仕様に取り込まれるのかも含め、今後もその動向を追いかけていたいと思っています。