Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2007年8月 > Business Week掲載記事「Jeffrey Zeldman: King of Web Standards」

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2007年8月8日

Business Week掲載記事「Jeffrey Zeldman: King of Web Standards」

フロントエンド・エンジニア 木達

2007年8月7日
Andy Clarke著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「Business Week: Jeffrey Zeldman: King of Web Standards」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

今週、Business WeekはWaSPの共同設立者であるJeffrey Zeldmanについて特集記事を掲載しました。

Web標準ベースのデザインの先駆者として、彼はブラウザ戦争を終結させ、またWebサイトをすべての人が利用できるようにする手助けをしました。

今週、Business WeekはJeffrey Zeldmanについて特集記事を掲載しました。記事の著者であるJessie Scanlonが「今日では大抵のサイトが標準に準拠している」と書いている点は疑わしく感じていますが、Web標準やベストプラクティスが幅広くビジネスパーソンに周知されるのは、素晴らしいことです。

Jeffrey Zeldmanが初めて彼のサイトを立ち上げた1995年当時、Webがどのような状態であったかを思い起こすことは難しいものです。しかしその頃、WWWがWild West Web(荒涼とした西部のようなWeb)の略語でもあったとは言えるでしょう。つまり、ルールもベストプラクティスも無かったのです。

個人的には、Web標準やアクセシビリティ、ベストプラクティスの普及活動や教育は、今後も良い意味で末永く続けられることだろうと思います。

Jeffrey Zeldman: King of Web Standards(Jeffrey Zeldman:Web標準の王様)