Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2007年1月 > オランダがWeb標準に注力

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2007年1月16日

オランダがWeb標準に注力

フロントエンド・エンジニア 木達

2007年1月15日
Dean Edwards著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「The Dutch Embrace Web Standards」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

Peter-Paul Kochによれば、オランダの新しいアクセシビリティ法は全体的に良くできており、「WCAGの遥か先を行って」います。

さらに素晴らしいことに、それはモダンな標準ベースのWeb開発のための真の青写真であるかのように解釈することができます。

いくつかの例をみれば、オランダ政府の考えるアクセシビリティがどこへ向かいつつあるか、おわかりでしょう。昨年の9月1日時点で、政府組織向けに構築されるすべてのWebサイトは、法律によって以下の項目を満たすことが求められます。

  • HTML 4.01またはXHTML 1.0に適合すること
  • CSSと意味的なHTMLを用い、構造と表現を分離すること
  • 閲覧環境を問わずコンテンツや機能が誰にでも利用可能であること
  • (Microsoftの古きdocument.allの代わりに)W3C DOMを使うこと
  • classおよびid値が意味的であること
  • すべての画像に意味的なalt属性を付与すること

さらに:

  • リンクで機能するスクリプトはリンクの基本的な機能を拡張すべき(アクセシブルなポップアップを検討すること)
  • もしスクリプト無しではリンクが意味を成さない場合には、それをHTMLに含めるべきではない(JavaScriptによって生成されるべき)
  • 特定の情報を得る唯一の手段としてフォームまたはスクリプトのみを使うことは禁止する
  • 矩形のリンクフォーカスを取り除くことは禁止する
  • クローズドなフォーマット(Wordなど)で提供される情報は、オープンなフォーマットを用いても提供されるべき
  • 多くのHTML要素の意味は明確に定義されている

より詳しくはPPKのBlogをお読みください。

コメント

矩形のリンクフォーカス──。タブキーでの移動を除外しないということなのでしょうか。。。

Posted by: Hal : 2007年1月17日 01:44

Halさま、コメントありがとうございます。「矩形のリンクフォーカス」の意味するところは、タブキーでリンクを移動する際にブラウザの表示するアウトライン(たとえばMozilla Firefoxであれば点線で表示されます)のことと解釈しています。スタイルシートでアウトラインを非表示にすることは可能であり、それを禁止しているのだと思います。

Posted by: ミツエーリンクス : 2007年1月17日 13:43