Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年10月 > Opera 9、Acid2そしてWeb Forms 2.0

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年10月22日

Opera 9、Acid2そしてWeb Forms 2.0

フロントエンド・エンジニア 木達

2005年10月21日
Dean Edwards著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「Opera 9, Acid2 and Web Forms 2.0」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

Operaの最新リリースは、Acid2テスト(訳注:ブラウザのWeb標準への準拠の度合いをチェックするためにWaSPが作成した一種の表示テスト)のパスまであとほんの少しのところまで来ています。明らかに、直すべきバグはあとたったひとつだけです。

第二のAcidテスト(訳注:Acid2テストのこと)の発表後、どのブラウザがそれをパスするかという競争が始まりました。Safariがそれに勝利し、iCabKonquererが後に続きました。しかし、これらは内向けのビルドであり、公式にリリースされているブラウザでテストにパスしたものはまだありません。

Operaのこのリリースには、Web Forms 2.0の一部のサポートも含まれています。残念ながら、それは醜い実装であると言わざるを得ません。さらに悪いことに、新しいコントロール(日付ピッカーなど)はキーボードからまったくアクセスできません。これは最終的なリリースまでには解決されるだろうと思います。