Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年10月 > Dreamweaver8を使ってWeb標準に準拠したサイトを構築しよう

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年10月4日

Dreamweaver8を使ってWeb標準に準拠したサイトを構築しよう

フロントエンド・エンジニア 木達

2005年9月28日
Drew McLellan著

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「Build Your Own Standards Compliant Website Using Dreamweaver 8」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

もしあなたが新しいバージョンのDreamweaverを使っているなら、Web標準に準拠したサイトを構築する人向けにSitePointが新たに発売した本に興味を抱くかもしれません。

WaSPのDreamweaverタスクフォース(DWTF)に参加しているRachel Andrewが執筆し、同グループのリーダーであるMolly E. Holzschlagが技術監修を行った「Build Your Own Standards Compliant Website Using Dreamweaver 8(Dreamweaver8を使ってWeb標準に準拠したサイトを構築しよう)」が、Web標準に準拠し、アクセシブルで、クロスブラウザに対応したWebサイトを、(既にお分かりでしょうが)Macromedia Dreamweaver 8で制作するために必要なすべてを網羅していることは明白です。

サンプルの章が公開されており、また書籍は今まさに出荷されています。何か気の利いたコメントを寄せて欲しいとRachelに頼んだところ、次のように述べました:

既存のDreamweaverユーザにWeb標準の適用法を示すだけではなく、Web標準に精通していながらDreamweaverでどのように利用すれば良いのかわからない人を助けることも、私の目的でした。

もちろん、Rachelは本を書いている唯一のDWTFメンバーというわけではありません。後ほど、今年中にはDreamweaverユーザの皆さんにもっと面白い発表をしたいと思っています。