Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年9月 > HTMLやXHTMLで言語を宣言する際のベストプラクティス

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年9月6日

HTMLやXHTMLで言語を宣言する際のベストプラクティス

フロントエンド・エンジニア 木達

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「Best Practices for Declaring Languages in HTML and XHTML」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

2005年9月4日
Molly E. Holzschlag著

HTMLあるいはXHTML文書において使用する言語をいつ、どこで、どのように宣言するかについては、多くの誤った情報が見受けられます。幸い、W3CのGEOグループがその具体的方法の詳細を公開しています。以下にいくつかのガイドラインを参考にご紹介します:

この記事はドイツ語でもお読みになれます。