Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年8月 > hasLayoutプロパティとMicrosoft文書

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年8月31日

hasLayoutプロパティとMicrosoft文書

フロントエンド・エンジニア 木達

(この記事はWeb Standards Project(WaSP)における投稿記事「hasLayout and Microsoft Documentation」を翻訳したものです。当Blogは翻訳の正確性を保証いたしませんので、必要に応じ原文を参照ください。)

2005年8月30日
Dean Edwards著

素晴らしいWaSPメンバーにして偉大なるDean Edwardsの語ったところによると:

私はMicrosoftのMarkus Mielkeと最近話をする機会がありました。Markusは今、Internet Explorerに関する文書を整理しています。彼の最初の記事は、layoutにまつわるいくつかの謎を解決しようと試みるものです。Ingo Chaoらは、layoutプロパティによって引き起こされる例外に対するいくつかの素晴らしい対処法を公開してきました。Markusの文書は、このプロパティに隠された謎と、それがページのレンダリングにもたらす効果を説明することでしょう。彼はより多くを成し遂げたいと考え、web開発者の皆さんからのリクエストを受け付けることに同意しました。

IEに関する文書のなかで、あなたが欠けているもしくは改善が必要と思う部分はありますか?

Markusは知りたがっています。どうかMollyのblogにコメントしてください(ウチの台所では緊張が取れないので)。(訳注:Deanの私設サイトは彼の家の台所に置かれたマシン上で運用されているそうです。)