Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年7月 > Internet Explorer 7の最初のベータ版が登場

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年7月29日

Internet Explorer 7の最初のベータ版が登場

フロントエンド・エンジニア 木達

米Microsoftが次期主力OS「Windows Vista」のβ1バージョンをリリース、テスターや開発者の人々に配布しました。このOSには、Internet Explorer 7(以降「IE7」)の最初のベータ版(Beta 1)が同梱されています(参考:IEBlog : Windows Vista & IE7 Beta 1 Available)。IE7には、以前からWeb標準へのコミットという方向性が打ち出されていただけに、強い関心が寄せられていました。早速、IE7に関するレポートやコメントが複数のBlogに掲載されていたので、その中からいくつかをご紹介します。

ことWeb標準に関しては、既にIEBlogにおいて予告されていた通り(参考:コラム「WebブラウザとWeb標準準拠」)、PNG形式の透過画像や、CSSの解釈に関する複数のバグについては対応しているようです。しかしそれ以外の点では、IE6と比べ変化していない模様。もちろんこれはベータ版であり、正式版というわけではありませんから、IE7のさらなるWeb標準のサポートが期待できないというわけでは無いでしょう。次のバージョンとなるBeta 2の登場を楽しみに待ちたいと思います。

2005/7/30追記

その後、IEBlogにおいて「Standards and CSS in IE」というエントリが投稿されました。それによると、IE7 Beta2にはより多くのWeb標準サポートが期待できそうです。