Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年7月 > WAIサイトのリデザイン

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年7月5日

WAIサイトのリデザイン

フロントエンド・エンジニア 木達

先日、Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)2.0の新しいワーキングドラフトを公開したばかりのW3C/Web Accessibility Initiative(WAI)ですが、現在そのサイトのリデザインが進められています。

昨日、プロトタイプの最新版が公開されました。種別的にはトップページと、一般的なコンテンツ向けページの2パターンがあります。今回のリデザインにおいては、ユーザー中心のデザインプロセスを採用しており、ユーザビリティの向上がその主たる目的とのこと。ナビゲーションをスキップしたり、文字を大きくしたりできる機能の実装は、その表れかもしれません。

リデザインはWAI Site Task Force of EOWG(WSTF)が担当しています。Statusにある記述によれば、今月中に実際のサイトにプロトタイプのデザインを適用する予定とのこと。このリデザインについてもコメントを英文で寄せることができますが、あて先等はCommenting on WAI Site Designを参照してください。

海外のブロガーのなかには、早速コメントを自身のBlogにおいて発表している人もいるようです。既に当Blogでもご紹介したアクセシビリティ専門家・Joe Clark氏も、「A 21st-century Web site… from the W3C?」というエントリで言及しています。