Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年6月 > レンダリング結果の検証環境

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年6月17日

レンダリング結果の検証環境

フロントエンド・エンジニア 木達

制作したWebページが、実際の閲覧環境においてどのようにレンダリング(描画)されるかという検証は、欠かすことができません。より多くのデバイスやプラットフォーム、Webブラウザでもって確認を行うことが理想ですが、現実的にはサイトのターゲットユーザが主に利用するであろうWebブラウザをいくつか選定し、チェックすることになるでしょう。今回は、その検証環境について触れます。

VMwareVirtual PCのような仮想マシン環境を構築できるソフトウェアを使えば、同じハードウェア上にさまざまなOS環境を作成することができ、つまり多種多様なWebブラウザをインストールし検証に利用することができます。Webブラウザは、evolt.orgのBrowser Archiveにアクセスすれば、英語版ではありますが新旧問わず実に多くの種類をダウンロードすることができます。

Windows環境とMacintosh環境については、ハードウェアを別々に揃えなければならず、コスト的に難しい場合もあると思います。そのような場合、たとえばBrowserCamのようなオンラインサービスを利用し、画面キャプチャを取得するなり、あるいはデスクトップ環境を用意するなりすると、安上がりかもしれません。

同じWindows OSにおいて、複数のバージョンのInternet Explorerを動かす方法もあるようです。英語ではMultiple IEs in Windows、日本語では異なるバージョンのMicrosoft Internet Explorerを共存させてみる。という記事にその具体的な方法が解説されています。また、Skyzyx.comでは、同時起動を可能にしたStandalone Internet Explorerがダウンロードできます。