Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年4月 > 論理マークアップと物理マークアップ

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年4月28日

論理マークアップと物理マークアップ

フロントエンド・エンジニア 木達

論理マークアップと物理マークアップという言葉があります。Web標準とSEOにおいて、文書の構造に即してタグ付けを行うことをお勧めしましたが、その手法は論理的なマークアップ、すなわち論理マークアップと呼ばれているようです。

そうではなく、文書の見栄えを目的としてタグ付けを行う手法があり、こちらは物理マークアップと呼ばれることがあります。そもそもマークアップ言語は、文書の見栄えではなく構造を記述するためのものですが、例えば以下のような要素が存在します。

center
中央寄せのレンダリング
b
ボールド体でのレンダリング
i
イタリック体でのレンダリング
strike(またはs)
取り消し線を引いてレンダリング
u
下線を引いてレンダリング

これらはいずれも、文書の構造的意味をあらわさず、ただ単に見栄えを指定しているに過ぎません。見栄えはCSSで制御できますから、上に例示した要素についてはHTML4.01やXHTML1.0ですとcenter要素が非推奨、ほかの要素についてもCSSによる表現が推奨されています。

Web標準に準拠するうえでは、物理マークアップを避け、論理的なマークアップを心がけることが重要です。論理マークアップは、SEOやWebアクセシビリティ確保の観点でもメリットがあります。

コメント

物理マークアップ=非推奨要素
みたいな書かれ方がされていますが、
やについては見た目に関わる要素なので、
スタイルシートで指定すべきですが
非推奨要素ではないはずです。

Posted by: みつえりんこ : 2005年4月28日 21:19

みつえりんこさま、コメントありがとうございました。ご指摘いただきました内容については仰るとおりで、例示した要素のなかでcenter以外は非推奨要素という位置づけではなく、CSSの利用が推奨されています。誤解を与えかねない記述ですので、本文を訂正させていただきました。

Posted by: ミツエーリンクス : 2005年5月 1日 18:01