Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > Web標準Blog > 2005年3月 > Web標準のもたらすメリット

Web標準Blog

Web標準Blogでは、Web標準の利用に興味のあるWebサイト管理者、Webデザイナーの方向けに、Web標準を利用するための手法やノウハウ、参考になるリソース等を、国内外を問わずご紹介します。

2005年3月29日

Web標準のもたらすメリット

フロントエンド・エンジニア 木達

これまで、Web標準とは何か、そのなかでも特にマークアップ言語とCSSについて、ごくごく簡単に歴史を振り返ってきましたが、肝心なことをまだ当Blogで言及していませんでした。それは、Web標準を利用することでコンテンツにどんなメリットが期待できるのか?ということです。(4月8日追記:ここに掲げるメリットとは、「Webサイトを運用する側の人」にとって享受が期待されるものです。)大まかに分類しますと、以下の6点に集約できるかと思います。

これよりしばらくは、主にこれらのメリットのひとつひとつについて着目し、具体的にWeb標準がいかに貢献し得るのかを解説してみたいと思います。

一点注意していただきたいのは、Web標準を利用することで必ずしもこれらの全てを享受できるとは限らない、ということです。単に利用するだけではなく、「適切に」利用することが必要ですし、何がどの程度改善もしくは向上するかというのは、すべてその比較前の状態(=現状のコンテンツがいかに実装されているか)に依存します。

ただし、仮に限られたコストの中で上記に挙げた6つのメリット全ての享受を目指すとしたら、そのための方法はもはやWeb標準を除いてほかにないということは、今後次第にご理解いただけることと思います。

コメント

僕は「技術への信頼と根拠」というようなものが真っ先に来ると思うのですが、掲げるメリットがどの人称視点なのかという前提が不明なのが落とし所ですか。

Posted by: yuu : 2005年4月 8日 09:31

yuuさま、コメントありがとうございます。どの人称視点なのか?とのことですが、確かに説明不足でした。本エントリにおいては、「Webサイトを運用する側の人」にとって享受が期待されるという意味でのメリットを挙げています。ご指摘ありがとうございました。

Posted by: ミツエーリンクス : 2005年4月 8日 17:21